赤ら顔化粧水ピオリナとULU シェイクモイストミルク徹底比較!価格や効果の違いとおすすめ

ネットで購入できる赤ら顔専用化粧水はいくつかあります。
その中の、天然漢方成分が入っているピオリナと完全無添加のULUシェイクモイストミルクは何が違うのか?
ピオリナとULUシェイクモイストミルクの価格や効果を比較して、比較した結果どちらがおすすめなのか?ご紹介します。

ピオリナのお得な公式サイトはこちら>>>

ULUシェイクモイストミルクのお得な公式サイトはこちら>>>

赤ら顔専用化粧水とは


お酒を飲んだ時の様に顔に赤みが出る赤ら顔には原因がいくつかあります。そのため、赤ら顔対策は原因によっても変わってきますが、肌荒れや、ニキビ跡、毛細血管が透けて見えるものなどには自宅でのセルフケアで赤みを薄くすることができます。

肌に外的な刺激を感じて赤くなる人と、肌が透けて血管が見えている人に共通して言えることは、肌のバリア機能が衰えていることが大抵当てはまります。

もともと肌が強い人であれば通常の化粧水でも問題ないですが、赤ら顔にお悩みの方は刺激を抑え、赤みを消す成分が入っている化粧水で対策していくことが重要です。
ではどういった化粧水が自分に合っているのか、疑問ですよね。

そこで、まずは赤ら顔専用の化粧水として話題のピオリナULUシェイクモイストミルクを検証していこうと思います。

ピオリナとULUシェイクモイストミルク 価格の比較

まず、一番気になる価格を比べてみました。どちらも定期コースの最低購入に制限はなく、定期購入で頼めば送料は無料です。すべて税抜きで3回まで購入した時の合計金額を足した金額で比べています。

ピオリナ ULUシェイクモイストミルク
 内容量 100ml  110ml
 通常価格  6,980円(送料無料)  4,500円(送料648円)
定期コース 初回  1,980円  3,600円
定期コース2回目 1,980円+4,480円=6,460円 3,600円+3,600円=7,200円
 定期コース3回目 1,980円+4,480円+4,480円=10,940円 3,600円+3,600円3,600円=10,800円
定期購入最低回数 なし なし

通常価格は、ULUシェイクモイストミルクの方が安いです。

定期コースの初回ピオリナの方が安いです。
割引率で言ったらピオリナは75%OFF、 ULUシェイクモイストミルクは20%OFFです。

定期コースを2回目まで頼んだ時の合計ピオリナの方が安いです。

定期コースを3回目まで頼んだ時の合計ULUシェイクモイストミルクの方が安いです。

初回購入のしやすさで言ったらピオリナですが、リピートをしていくとULUシェイクモイストミルクの方がほんの少しコスパは良くなりますね。

ただ、ピオリナはお届け周期が自由に変更できますが、ULUシェイクモイストミルクは30日周期で届くみたいです。

ピオリナのお得な公式サイトはこちら>>>

ULUシェイクモイストミルクのお得な公式サイトはこちら>>>

成分による効果の違いを比較

二つの商品の成分の違いを比較してみました。

ピオリナ ULUシェイクモイストミルク
ニキビ跡に効く成分 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na  ノバラ油
毛細血管拡張症に効く成分 オタネニンジン根エキス
マグワ根皮エキス
 タンブリッサトリコフィラ葉エキス
浸透力に関する成分 ヒト型セラミド
アミノ酸系セラミド類似体
 マイナスイオン水
ヒト型セラミド
保湿力に関する成分 ブクリョウ
加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル
加水分解コラーゲン
 スクワラン
ヒアルロン酸Na
ホホバ種子油
肌に影響がある成分  カルボマー
メチルパラベン
プロピルパラベン
 特になし

ピオリナの強み


天然の漢方エキスが配合

赤ら顔が目立つ原因の一つである毛細血管の拡張を抑える効果がある『オタネニンジン根エキス』、保湿・美肌効果・顔のほてりを解消する効果がある『ブクリョウ』、紫外線から肌を守る効果がある『マグワ根皮エキス』が入っています。

進化型ビタミンCが配合

皮膚の抗酸化作用、炎症を抑える、バリア機能を回復させる成分であるビタミンC誘導体の中でも浸透力が早い、進化型ビタミンCが配合されています。

ULUシェイクモイストミルクの強み


オールインワンで保湿ができる

特別に開発された特殊な浸透水を用いているため美容成分の肌への浸透力がとても高いこと。そして、保湿成分のヒアルロン酸やセラミド、スクワランを配合しているため保湿に特化した化粧水になっています。
肌を保湿すれば、赤ら顔の原因になる乾燥から肌を守ることができるため、化粧水、導入液、乳液、美容液まですべてこれ一本で済むので肌への刺激を減らすことができます。

完全無添加

美容成分しか入っていない、完全無添加です。
石油由来の界面活性剤や防腐剤、感触改良剤、鉱物油、香料や着色料、石油を原料とした成分は一切入っていません。
セラミド原料に含まれている水添レシチンは界面活性剤ではありますが、天然の成分ですし、キャリーオーバー成分といって原料から抽出した時に使われたものですので、皮膚への刺激はほぼないとされています。

こういったキャリーオーバー成分を表示してくれる所はなかなかありませんので本当に無添加にこだわりを持っているんですね。

共通して入っている物

どちらにも入っている成分がヒト型セラミドです。

保湿成分のセラミドは肌のバリア機能をサポートしてくれる成分で、もともと持っている物は加齢とともに減ってしまいます。美容成分としてのセラミドにはいくつか種類があり、
そのうちヒトの皮膚と同じラメラ構造をもつ成分があるヒト型セラミドは浸透力が高いと言われています。

赤ら顔は、肌のバリア機能が低下して乾燥やニキビ、紫外線の炎症などによって起こることがありますのでヒト型セラミドで肌を強くするために使用しているみたいです。

お勧めはピオリナ


今までのことを比較して、コスパで見るとULUシェイクモイストミルクの方が良いです。しかし、様々な要因で起こる赤ら顔に対してアプローチできるのは、ピオリナかなと思います。

ピオリナのお得な公式サイトはこちら>>>

編集者のまとめ


いかがでしたでしょうか?

ピオリナもULUシェイクモイストミルクもどちらも特徴があり、それぞれ自分の今の悩みに合わせて試してみてください。

もしも、赤ら顔の原因が複数ありそうであれば、まずはピオリナを使用してみることをお勧めします!

 

ピオリナのお得な公式サイトはこちら>>>

ULUシェイクモイストミルクのお得な公式サイトはこちら>>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピオリナのアットコスメの評判は危険!?購入前に要チェック!

ピオリナは男性の赤ら顔にも効果がある?男女で違う注意点とは?

ピオリナと白漢しろ彩を徹底比較!赤ら顔化粧水のおすすめはどっち?

赤ら顔化粧水の市販商品とネット通販商品の違い!セラミドの種類に要注意!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。