赤ら顔化粧水の市販商品とネット通販商品の違い!セラミドの種類に要注意!

赤ら顔対策の化粧水は今や種類がさまざまあります。市販の物からネット通販限定の物まで。その中でも注意すべきはセラミドの種類です。今回はネット通販、市販のものを配合されたセラミドに注目して比較してみましたのでご検討ください。赤ら顔用の化粧水の種類を調べました!

セラミドとは

セラミドとは、言葉でいうと「細胞間脂質」のことで、誰の肌にも元からある保湿成分です。セラミドは、細胞と細胞の間を埋めるセメントのような役割をしていて、肌の内部、角質層の保湿はセラミドが80%も担っていると言われています。

セラミドの美容効果

保湿効果があると言われる成分といえば、ヒアルロン酸やコラーゲンなど数多くありますが、それらは真皮層といって、肌の内部のかなり奥のほうで働いている成分。そして、今の化粧品技術では、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを真皮層まで届けることは難しく、ただ化粧品を塗るだけでは、皮膚表面の一時的な保湿にしか役立ることができないのです。

それに対して、セラミドは元々、化粧品で直接届けることのできる角質層で働く成分なので、化粧品を塗るだけでも、お肌の水分をしっかりキープしてくれるのです!

化粧水にはどのセラミドがいいのか

セラミドが肌の保湿に重要な働きをしていることが分かったところで、今度はどんなセラミドが化粧水に良いのかチェックしていきましょう。まずセラミドと言っても、化粧品に配合されるセラミド色々な種類があり、4種類に分類されています。

ヒト型セラミド

人が元々持っているセラミドを真似て、酵母から作られた成分です。人の肌にあるセラミドとほぼ同じ構造なので、肌なじみも良く、保湿効果も高いと言われています。価格はやや高めです。

天然セラミド

動物から抽出したセラミド成分で、馬から採取されることが多いようです。人のセラミドにとても良く似た形をしており、ヒト型セラミドの次に肌へのなじみも良いのが特徴ですが、価格が非常に高いのがネック。

植物性セラミド

こんにゃく芋などの植物から抽出されたセラミドです。浸透力が高く安価ですが、人のセラミドとは構造が違うため親和性(なじみやすさ)に欠けると言われます。また、アレルゲンの心配もあるようです。

合成セラミド

セラミドに似た物質を使い、化学的に合成して作られたものです。見た目はよく似ていますがセラミドとは違う物質なので「疑似セラミド」などとも言われます。砂糖に味が似ているけれど、実は別物の「合成甘味料」のようなものと思っていいようです。親和性には欠けるものの、価格が安く手に入れやすいのが特徴です。

化粧水はヒト型セラミドにこだわりたい理由

上記の4種類のセラミドの特徴を見るだけでも分かると思いますが、人の肌には、ヒト型セラミドが一番ですね!ここでは、その理由をまとめていきたいと思います。

人の肌になじみやすい

ヒト型セラミドの大きな特徴は、人がもともと持っているセラミドとほぼ同じ構造であること。そのため、人の肌と親和性が高い(なじみやすい)のが特徴で、アレルギーも起こりづらいと言われています。

保湿力が高い

ヒト型セラミドの親和性の高さは、角質層までしっかり届く高い浸透力と保湿力の発揮にも繋がります。その浸透力の高さから、「なんだか肌の表面は油っぽいのに、肌の内部に乾燥を感じる」と言うインナードライ肌さんには、特におすすめと言えるでしょう。

ヒト型セラミドの種類とその特徴

先ほど4つの大きな分類に分けたセラミドですが、ヒト型セラミドだけでも11種類(効果が分かっているのは7種類)あることが、現在では、分かっています。11種類のヒト型セラミドは、1種類ずつ効果が違うものなので、化粧品には「セラミド2」「セラミド3」というように、”セラミド+数字”、もしくは”セラミド+英字”で表記がされています。

下記でセラミドの種類ごとの効果を確認して、自分の求めているセラミドを選んで見てくださいね。

セラミド1(セラミドEOP)…セラミド中、バリア機能No1

セラミド2(セラミドNGまたはNS)…セラミド中、潤い保持力No1

セラミド3(セラミドNP)…エイジングケア・潤い保持

セラミド4(セラミドEOH)…バリア機能

セラミド5(セラミドAGまたはAS)…バリア機能・潤い保持

セラミド6・6II(セラミドAP)…エイジングケア

セラミド7…肌の健康を保つ

ヒト型セラミド化粧品を選ぶポイント

ドラッグストアなどに行くと、ヒト型セラミド含有でない化粧品でも「お肌しっとりセラミド配合!」などとババーンと書いてあるもの。でも、本当に良いヒト型セラミド化粧品を選ぶためにこの2つのポイントを押さえておきましょう。

セラミドの成分表示をチェック

成分表示を隅から隅までチェックすればわかるのではと思いましたが、ヒト型セラミド以外のセラミドは、実はスキンケア用品・化粧品の表示成分に書くことができないのです。「セラミド2」「セラミド3」なと、商品パッケージ裏面の表示成分にセラミド+数字(または英字)とはっきり書いてあれば、その時点でヒト型セラミドと言うわけです。他のセラミドは「ビオセラミド」、「植物性セラミド」、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」など違う表記がされています。

ネットで販売化粧水のセラミドの種類

それでは次にネットで販売されている赤ら顔対策の化粧水のセラミドの種類を見ていきましょう!

ピオリナ

エイジングケアと保湿効果の高いセラミドを配合しており、ヒト型セラミドなので肌にダイレクトにその効果を浸透させます。肌荒れからの赤みの対策に合わせて、赤ら顔の原因となっている毛細血管の拡張にも負けないお肌を作り上げます。

水・BG・グリセリン・メチルグルセス-20・ベタイン・アラントイン・グリシルトレハロース・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na・加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル・オタネニンジン根エキス・ブクリョウエキス・マグワ根皮エキス
・グリチルリチン酸2K・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・セラミドAPセラミドNP・加水分解水添デンプン・加水分解コラーゲン・カルボマー・キサンタンガム・クエン酸・クエン酸Na・エチドロン酸・水酸化K・PEG-60水添ヒマシ油・ペンチレングリコール・メチルパラベン・プロピルパラベン

ピオリナをお得に購入できるサイトはこちら>>>

ULUシェイクモイストミルク

バリア機能を高める5種類のヒト型セラミドを配合しており、高保湿効果が望めます。特徴としてはベースとなるお水に特殊浸透水を用いて、美容成分を肌内部までグングンと浸透させることが出来ます。

水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6Ⅱ、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン
※水は特殊浸透水を使用。(角質層まで浸透)※ダイズステロール・水添(すいてん)レシチンはセラミド原料の含有成分。

ULUシェイクモイストミルクの詳しい公式サイトはこちら>>>

白漢しろ彩の全成分

潤いとエイジングケアに効果のあるヒト型セラミドを配合させています。赤みにアプローチする4種の和漢植物エキスを贅沢に配合。世界的独自技術「多層浸透型バリアテクノロジー」により肌にグングン浸透します。

水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、プランクトンエキス、アルギニン、クエン酸Na、シクロヘキサシロキサン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、オクタカプリル酸ポリグリセリル-6、PEG-60水添ヒマシ油、プラセンタエキス、グリコシルトレハロース、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ステアリルアルコール、PPG-6デシルテトラデセス-30、加水分解水添デンプン、リン酸アスコルビルMg、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、クエン酸、メタリン酸Na、コンフリー葉エキス、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、ポリ-ε-リシン、シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na、ショウガ根茎エキス、センキュウエキス、セラミドNG、カンゾウ葉エキス、セラミドNP、水溶性コラーゲン、ブクリョウエキス

白漢しろ彩の詳しい公式サイトはこちら>>>

市販されている化粧水のセラミドの種類

天然セラミド化粧水「アルージェ」

アルージェに配合されているのは、天然セラミドをナノ化したものです。通常よりも小さいセラミドなので肌の角層の隅々まで浸透してくれます。ただし、天然セラミドはヒト型セラミドと違って、本物のセラミドと同じ働きをするわけではないです。セラミドを生み出す力をサポートすることで肌を刺激に強い肌に導いてくれます。

成分

[有効成分] グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸
[その他の成分] 水、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、PEG(20)、カンゾウ葉エキス、米ヌカエキス、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na-2、ビオセラミド、ジグリセリン、フェノキシエタノール

 

疑似セラミド化粧水「キュレル」

市販されている代表的なプチぷら化粧水のキュレルを見ていきましょう。キュレルには花王が開発したオリジナルの疑似セラミドが使われています。セラミドその物を補えるのではなく、肌にあるセラミドの働きをサポートすることで肌荒れや乾燥からしっかり守ります。

Curel(キュレル)エイジングケアシリーズ 化粧水

アラントイン*、水、グリセリン、BG、アスナロエキス、PEG1540、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ユーカリエキス、水溶性ショウキョウエキス(K)、POEメチルグルコシド、PEG20000、POE水添ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、アルギニン、ステアロイルメチルタウリンNa、パラベン
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

まとめ

セラミドは赤ら顔や乾燥、敏感肌など様々な肌トラブルを解消できるよう肌を潤してくれる重要な成分です。セラミドの中でも、天然、ヒト型、合成(疑似)セラミドなど種類がありましたが、天然や合成のセラミドはもともと肌に存在するセラミドの働きをサポートしてくれるもので、直接セラミドを浸透してくれる働きはありませんでした。

直接セラミドを浸透させることが出来るのは、ヒト型セラミドということが分かりました。そのヒト型セラミド化粧水はネット通販で販売されている化粧水に多いので購入の際はぜひヒト型セラミド配合の化粧水をおススメいたします。

ピオリナをお得に購入できるサイトはこちら>>>

ULUシェイクモイストミルクの詳しい公式サイトはこちら>>>

白漢しろ彩の詳しい公式サイトはこちら>>>

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピオリナと白漢しろ彩を徹底比較!赤ら顔化粧水のおすすめはどっち?

ヒト型セラミドって何?セラミドの種類と効果

ビタミンKの化粧水が赤ら顔に効果あり?セラミドとどっちがいいの?

ピオリナ(TOPページ編集用)

ピオリナ化粧水を買ってみた!レビュ―体験談をご紹介!

ピオリナは男性の赤ら顔にも効果がある?男女で違う注意点とは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。